灰の記憶
制作年度 2001年
制作国 アメリカ
出演 デヴィッド・アークエット
監督 ティム・ブレイク・ネルソン
ジャンル ドラマ/戦争
コメント 第二次大戦末期のアウシュビッツ収容所。同じユダヤ人をガス室に送る「ゾンダー・コマン ド」として任務を遂行していたホフマンは、あるときガス室で死体を処理している最中に 息をしている少女を発見した。ホフマンと仲間のユダヤ人らは、なんとか少女を生かしてや ろうとするのだが・・・ってお話。ガス室で殺された死体を処理するときの凄惨さや、ドイ ツ軍人の酷さなどは良く表現されていると思うが、ストーリーが単調すぎて面白みに欠け ました。こういう映画は見る人によって感じ方が全然違うんだろうな。
面白い度 ★★★☆☆

Copyright(c)2004 Takoyaki All rights reserved